Biography

1985年8月18日、シアトル生まれ。
13歳の時、TBS系列のオーディション番組「チャンスの殿堂!」で約14,000人の中から選び抜かれた4人のうちの1人として6ヶ月間に渡りお茶の間に登場。
2009年ファーストアルバム「マイ・フーリッシュ・ハート」でジャズシンガーデビュー。
2010年、BSフジの人気番組「Beポンキッキ」に今度は歌のお姉さんとしてレギュラー抜擢。
2012年R&Bフレイバーを取り込んだ斬新なセカンドアルバム「リル・ダーリン」をリリース。
ジャズ・ベースの巨匠、ロン・カーターとの共演を果たす。
最近はEXILE ATSUSHIやスガ シカオのバックコーラスや、劇場版「信長協奏曲」サウンドトラックへの楽曲提供など、活躍の場を広げている。
LUX・スーパー・リッチ・シャンプー、ドコモ Galaxy Note Edgeなど多数のCMソングに起用され、更にEXILE ATSUSHIとはドーム公演でデュエットを果たすなど、ジャンルにとらわれない実力派シンガーとして注目を集めている。

1985年8月18日、アメリカ・ワシントン州・シアトル生まれ。8歳の時児童合唱に参加。

1996年に家族とともに日本へ渡り4年間を東京で過ごす。そこで12才にしてNHKのスタジオ収録に参加、2年間ヴォーカリストを務める。また同時期に地域の劇団主催のミュージカルでリード役に抜擢され、歌と舞台で活躍した。その1年後、13才だった彼女はTBS系列のバラエティ番組「チャンスの殿堂!」に歌手メジャーデビューを目指して応募し、約14,000人 の中から選び抜かれた4人のうちのひとりとして6ヶ月間に渡りお茶の間に登場した。この体験を経てプロの歌手を志すようになった。

その後アメリカに帰国。シアトル・ルーズベルト高校2年生のとき同校の栄誉あるジャズボーカルグループに入団し、多くのジャズフェスティバルに参加し数々の受賞を経験。特筆すべきはエリオットベイ・ジャズフェスティバルでの「最優秀ミュージシャン賞」(2004年)、レノ・インターナショナルジャズフェスティバルでの「最優秀ミュージシャンシップ賞」(2003、04年)、ライオネル・ハンプトンジャズフェスティバルで開催されたアルトソロボーカルコンペティションでの2位受賞(2004年)。

そしてニューヨークのニュースクール大学から奨学金を受け、音楽とリベラルアーツの5年プログラムに入学。ジャズプログラムでは歌を専攻しチコ・ハミルトン、ジュニア・マンスなどの著名なジャズミュージシャンの手ほどきを受けた。2009年5月に卒業。同6月にニューヨークのアヴァター・スタジオにて、ピアノ、ジェラルド・クレイトン。ベース、ベン・ウイリアムス。ドラムス、クインシー・デイヴィスという現在ニューヨークで大活躍している若手ミュージシャン、そして音楽ディレクター、編曲に宮本貴奈を迎えデビューレコーディングを行い。2009年11月に国内レーベルSpice of Life/スパイスオブライフからCD「マイ・フーリッシュ・ハート/My Foolish Heart」で待望のデビューを果たした。

2010年4月から2011年3月の1年間、BSフジの人気番組「Beポンキッキ」に、歌のお姉さんとしてレギュラー出演。

2010年春よりニューヨークから日本に拠点を移し、東京を中心にコンサート活動をスタート、本格的なシンガーとして一躍注目を集める。

2011年の秋にはLUX Super Rich/ラックス・スーパー・リッチ・シャンプーのTVコマーシャルソングに起用される。そのCMソングが話題となり、ロングバージョン版が「グロー・ユア・ビューティー/Grow Your Beauty」という楽曲で、「Jazz Now」というCDに収録され同年12月21日にEMI Music Japanから発売された。

2012年9月26日にSpice of Lifeから3年振りの新作「リル・ダーリン/Li’l Darlin’」は、デビュー盤と同じくニューヨークのアバタースタジオで録音された。参加メンバーは、ピアニストに2年連続してグラミー賞にノミネートされたジャズ界の若きプリンス、ジェラルド・クレイトン。2009年のセロニアス・モンク・コンペティションで優勝した若き天才ベーシスト、ベン・ウイリアムス。ベンと共にパット・メセニー・トリオのメンバーに抜擢された注目のドラマー、ジャマイアー・ウイリアムス。ウイントン・マルサリスが「トランペットの未来であり、世界が探し求めるトランペッターの一人である!」と絶賛するキーヨン・ハロルド。更にアレンジメントとミュージック・ディレクターはジャマイアー・ウイリアムス、キーヨン・ハロルド、そしてマヤ・ハッチと同じニュースクールを卒業後、美しいメロディーとコードワークの巧みさで注目を集めるピアニスト、作曲家、アレンジャーのウォーレン・フィールズが担当。まさにニューヨークが誇る若き才能が集合した話題作が完成した。スタンダードの名曲の数々を現代的センスとR&Bフレイバーを加味したアレンジメントで斬新な作品となった第2弾CDでますます注目を集める。

2013年11月には石川県の第19回「BIG APPLE in Nonoichi」でジャズ・ベースのレジェンド、ロン・カーターとの共演を果たす。同年11月にEXILE ATSUSHIのソロコンサート、ハワイ公演のコーラスを務め、また翌年2014年のEXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2014 「Music」にもコーラスを担当する。

2014年には石原さとみ出演のドコモGalaxy Note EdgeのCMソングに起用される。
2015年にはスガ シカオのツアー、SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 「THE LAST」に参加し、コーラスを一人で務める。

2016年1月にはm-flo☆Taku Takahashiプロデュースの小栗旬主役の劇場版「信長協奏曲」のサウンドトラックにSphere of Influenceとの新曲「Time is of the Essence」が収録され、avexより発売される。

また同年からハウスミュージックバンドEL8(エル・エイト)にヴォーカリストとして参加。avexが主催するTropical Discoにレギュラー出演を果たすなどその動向から目が離せない。

現在、コーラス以外にも多くのミュージシャンやアーティストのレコーディングやライブにフィーチャリングされ、様々ジャンルを幅広くこなす実力派シンガーとして人気を博している。

Maya Hatch was exposed to music the very moment her mother gave birth to her on August 18, 1985. As the emergency room in Olympia, Washington filled up with the exquisite sounds of Stevie Wonder (from the cassette player), perhaps it was fated that Maya would follow in his footsteps with the dream of singing for the happiness of humanity.

Maya began singing at the age of eight when she joined the Sadako Peace Choir, a multi-cultural children’s choir in her home town Seattle, Washington. After graduating from elementary school, Maya and her family moved to Tokyo, Japan where they resided for four years. There Maya sang in studio recordings for Japan’s top educational television station (NHK), acted and sang as a lead in two musical productions (“Anne of Green Gables” and “FAME”) at a local theater company in Tokyo, and auditioned on a nationally televised talent competition (“Chansu no Dendo”/ “The Palace of Chance” on TBS) to become a Japanese pop singer. She made it to the final 4 contestants out of a pool of 14,000 and appeared on TV once a week for six months. Although the show abruptly ended and eventually no one emerged as the winner, the experience affirmed Maya’s passion to become a professional singer.

Maya was introduced to jazz after returning to the states. As a sophomore, Maya was accepted into Roosevelt High School’s prestigious vocal jazz ensemble, performing and traveling the nation to compete in jazz festivals winning both ensemble and soloist awards. Namely, the “Outstanding Musician” award at Elliot Bay Jazz Festival (Seattle) in 2004, the “Outstanding Musicianship” award at Reno International Jazz Festival (Reno) in 2003 and 2004 and Second Place in the Alto Vocal Soloist Competition at Lionel Hampton Jazz Festival (Idaho) in 2004. In 2004, Maya was awarded a generous scholarship from The New School in New York City to attend a 5 year dual-degree program at The New School for Jazz and Contemporary Music and Eugene Lang College, The New School for Liberal Arts. After studying under the direction of jazz giants such as Chico Hamilton, Junior Mance, Jane Ira Bloom, & Rachel Z, Maya graduated in May of 2009 with a BFA in Jazz Performance and a BA in Education Studies.

In 2008, Maya was signed to Spice of Life, an independent jazz label in Japan. Her debut album entitled “My Foolish Heart” was released in Japan on November 18, 2009. On this album, recorded in June of 2009 at Avatar Studios in NYC, Maya is accompanied by an outstanding young jazz trio: Gerald Clayton on piano, Ben Williams on bass, and Quincy Davis on drums.

After touring Japan twice (first in November of 2009 and then again in February of 2010), Maya was offered a position to star regularly as a singer on “Ponkikki,” a popular and beloved children’s television show which has aired on Japanese television since 1973. With this opportunity as her incentive, Maya relocated from New York to Tokyo in April of 2010, appearing on BS Fuji TV’s children’s show newly named “Be-Ponkikki” for a year (from April 2010 until March 2011).

In the fall of 2011, Maya’s voice was featured on a Japanese mainstream commercial for Unilever’s shampoo product “LUX Super Rich” which featured Hollywood actress Odette Annable. The song Maya sang (and wrote lyrics for) entitled “Grow Your Beauty” received such widespread praise that a full version of the song was recorded for inclusion in “Jazz Now,” a compilation album released by EMI Music Japan on December 21, 2011. Since then Maya has been featured on many mainstream commercials including Docomo’s Galaxy Note Edge commercial in 2014.

Maya’s highly anticipated second album “Li’l Darlin’” was released by Spice of Life on September 26, 2012. This album features the same pianist & bassist from her first album — Gerald Clayton (piano) & Ben Williams (bass) along with New School alumni Jamire Williams (drums) & Keyon Harrold (trumpet). In addition to New School alum/pianist/composer Warren Fields’ contemporary yet sophisticated arrangements of classic jazz standards, this album also features some of Maya’s original music and lyrics.

Maya’s new single with rapper Sphere of Influence entitled “Time is of the Essence” was featured on the soundtrack of the TOHO hit movie “NOBUNAGA CONCERTO” and was released by Avex in January of 2016.

Although Maya resigned from Spice of Life in June of 2013, she continues to make her mark on the Japanese music scene. With recent performances with jazz giants such as Ron Carter, hip-hop icons such as ZEEBRA, and Japanese pop stars such as EXILE ATSUSHI and Shikao Suga, Maya demonstrates her wide musical ability to seamlessly cross genres and win the hearts of her listeners with her unique and sincere voice.

As of May 2016, Maya has landed a position as the vocalist of Japan’s first Tropical House band EL8 (“Elate”) performing regularly at “Tropical Disco,” a dance music event hosted by Avex. After years of searching for her sound, Maya is elated to have finally found what she was looking for.